任意後見・任意後見契約とは?

◇ 任意後見・任意後見人とは?


成年後見制度の種類の一つに、任意後見というものがあります。

任意後見とは、自己の判断能力が不十分な状況に陥った時に備えて、自分の代わりに法律行為(買い物、生活や療養看護や財産の管理など)を行ってくれる後見人を、任意(自分の意思)によりあらかじめ指定しておける制度です。

『後見人の予約をしておく契約』と言い換えられるかも知れません。

依頼する内容については、(後見人になる予定の)任意後見人との事前の話し合いによって細かく決めておくことが出来ます。

 


◇ 法定後見との違いは?


 

法定後見との一番の違いは、自身の世話をしてくれる後見人を、自分で自由に選べる事です。

その為には、自分が元気なうちに任意後見契約を結んでおかなくてはなりません。
健康で元気なときに、自分が病気・ケガをする事を想像し、対処しておける人は少ないと思います。
しかし、万が一に備えておくことは大切です。

ご自身の体調や年齢に不安がある方、また、意思能力が低下した場合に特に困る事情のある方は、この任意後見契約を検討した方が良いかも知れません。

 

・病気やケガで自身の判断能力が低下した時に、自分を守ってくれる人は誰でしょうか?

・自分の代わりとなって、○○をしてくれる方は誰でしょうか?

 

意識が無くなる重体に陥ったり、認知症などにより自分で判断ができなくなった後の自分の身の回りを想像してみて下さい。

・一体誰が自分の面倒を見てくれるのか?

・適切な看護を受けさせてくれるのか?

・誰が自分の財産の管理をして、守っていくことができるのか?

法定後見でも法律に基づき後見事務は行われますが、自分の将来を任せるのならば、予め信頼のおける方にお願いをしたいのでは、と思います。

例えば、同じ親族の中といっても、なるべく 「 この人に頼みたい 」 という方が居るのではないでしょうか。
認知症等に対して、少しでも不安のある方は任意後見契約を検討する価値があると思います。

 

 

 

◇ 任意後見人は費用が高い?

 もう一つ大きな違いは、任意後見制度には、任意後見人の他に、家庭裁判所が指名する任意後見監督人がその事務の監督管理を行うという事です。任意後見人と任意後見監督人、その両方に報酬が発生し、被後見人の財産から支払われます。法定後見と違い、金額的な負担は大きくなります。

 

任意後見人の報酬額は『任意後見契約』の中で自由に設定できますが、任意後見監督人の報酬額は家庭裁判所が決定します。

被後見人の財産額や年齢などから支払い金額を決める為、法外な報酬額にはなりませんが、法定後見との比較として判断材料の一つとしておいた方が良いでしょう。



◇任意後見 まとめ

◇任意後見のメリット
・自分で後見人を選べる
・自分で後見事務・依頼内容を決められる。
・判断能力が衰えた際に、迅速に対応できる。(後見スタートまでの時間が短い)


◆任意後見のデメリット(注意点含む)
・健康なうちに任意後見契約を結んでおかなくてはならない。

・任意後見人の他に、任意後見監督人にも報酬を払わなくてはならない。

(報酬が発生するのは、実際に被後見人の判断能力が低下して任意後見がスタートしてからです。)

 

 

 

浜松市遺産相続相談室では、任意後見人選任のアドバイスや任意後見契約書の文案作成、公正証書作成サポートなどを行っております。
また、任意後見人の後見事務のサポートも承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

もちろん、浜松市以外にお住まいの方でも構いません。

浜松市遺産相続相談室をどうぞよろしくお願いいたします。